コーヒーと健康

コーヒーに含まれるカフェインで、集中力アップ!健康に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
コーヒー

カフェインは身体に悪いの?

最近よく耳にするノンカフェインコーヒー。
何となく、カフェインは身体に悪いもの…というイメージを抱いてしまいますますね。

ところが、コーヒーに含まれるカフェインには、実はあまり知られていない効能がたくさんあるのです!
今日はカフェインの効能についてご紹介します。

コーヒーダイエットは、今やセレブの常識。
美容と健康のために、コーヒーのカフェインをうまく利用しましょう。

カフェインの効能とは?

コーヒーと健康

朝起きて、まずコーヒーを1杯!という方は多いですね。コーヒーに含まれるカフェインには、こんな効能があります。

・覚醒作用 利尿作用

コーヒーを飲むと頭がシャキッとします。
これは、カフェインの覚醒作用によるものです。

ほかに、利尿作用もあります。よくないものを排出するデトックス効果があるということですね。

・集中力アップ 偏頭痛緩和 脂肪の分解

仕事や勉強に必要な集中力をアップさせます。
女性の敵、偏頭痛を緩和します。
そして脂肪の分解を促進する、リパーゼという酵素を活性化させる、などの効能があります。

脂肪の分解=痩せる!ということですね。

カフェインの、健康面での効能はまだまだあります。

・脳卒中の危険性を減らす効果がある。

心臓に刺激を与え、心臓の働きをよくする。

・筋肉収縮効果があるため、筋肉疲労に効く。

・血流をよくする。

コーヒーで血液サラサラ…とっても魅力的で簡単な健康法ですね!
しかも怖い脳卒中の危険を減らしてくれ、心臓の働きもよくなるなんて、いいことずくめです。

最近、高齢者の間でコーヒーを飲むことが流行っています。
血液をサラサラにして、脳卒中に効果があるとなれば当然でしょう。

ダイエットにも健康にも効果的な”グリーンコーヒー”の飲み方

1.砂糖やミルクは加えず、毎日1~2杯を定期的の飲みましょう!

コーヒー

夜にカフェインを摂ることはおすすめではありません。カフェインには覚醒効果があるためです。

”グリーンコーヒー”を飲むオススメタイムは、午前中と、午後に1杯ずつ。

午後、ちょうど眠気がくるころに飲めば、頭も心もスッキリ!します。

2.運動をする30分前に飲みましょう!

ストレッチ

脂肪は分解されてから燃焼します。その時間は20分と言われます。
ですから、運動の30分前にグリーンコーヒーを飲むと、脂肪の分解をうながし、効率よく脂肪を燃やせる、というわけです。

以上の2点だけで、グリーンコーヒーの効能をさらにアップさせることができます!

ただし、妊婦さんにカフェインはNGですので気をつけましょうね。

グリーンコーヒーは、カフェインに加えてポリフェノールもたっぷり!

グリーンネットのグリーンコーヒーで、ラクして美容と健康をゲット!!

The following two tabs change content below.
「グリコヒネット」編集部です。グリーンコーヒーをはじめ、美容・健康・ダイエットに役立つ情報を配信しています。『グリーンコーヒー by グリーンネット』が運営。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*