グリーンコーヒー

グリーンコーヒーの効果を最大にする飲み方、3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
グリーンコーヒー

グリーンコーヒーの効果を最大限に引き出す、グリーンコーヒーの飲み方(作り方)はあるのでしょうか?

  • グリーンコーヒーが美容ダイエットや健康に良い理由は、その有効成分であるクロロゲン酸にあること。
  • クロロゲン酸(ポリフェノール)は熱に弱く焙煎の過程で激減してしまうこと。

この2点はもうご存知かと思います。

知らないよ!という方は、『グリーンコーヒーとは?人気の理由と、気になる効果効能』を読んでみてくださいね。

今回は、熱に弱いクロロゲン酸などのポリフェノールを有効利用し、グリーンコーヒーの良さを最大限に引き出す飲み方&作り方3つのポイントをお伝えします。

1.適切な水の温度

クロロゲン酸が熱に弱いことは前述のとおり。

ということは、”グリーンコーヒーをお湯で作るのはダメなんじゃないの!?”と思う方も少なくないはず。

実は、グリコヒネット編集部でもそのようなご質問を何度かいただきました。

「熱に弱いポリフェノールを有効利用するには、お湯ではなく白湯かぬるま湯で作った方が良いのですか?」

答えは、沸騰したアツアツのお湯でなければ、大丈夫!です。

その理由は、クロロゲン酸の減少割合は、水分の蒸発が続く前段階では穏やかで、熱分解が始まると急激に進み、転位点は熱分解の開始期で、温度で言うならば185℃ほどだからです。

いろいろな論文や専門家の研究結果がありますが、上記の理由により、沸騰する前のお湯で入れるとグリーンコーヒーに含まれるポリフェノールを効果的に利用できると考えられます。温度でいうと、約90〜95℃以下がおすすめです。

お湯を準備する際は、一度沸騰させてから火をとめ、表面のボコボコした泡が鎮まるまで待ってください。このときが抽出に理想的な温度です。 

2.水の種類

クロロゲン酸に効果的な水の種類

蒸留水または軟水の方が、硬水で淹れたコーヒーよりクロロゲン酸の濃度が高くなるそうです。

原因は、硬水に含まれる「カルシウムイオン」や「マグネシウム」などの金属イオンが、クロロゲン酸と化学反応を起こし、水に溶けにくい塩となるためです。

日本の水は軟水ですので、水道水を使う場合は心配いりませんね。

ペットボトルの水を買ってコーヒーを淹れる際は、硬水ではなく軟水を選ぶようにしましょう!

3.コーヒーメーカー VS ペーパードリップ

コーヒークロロゲン酸を効果的に利用する作り方

ご家庭にあるようなコーヒーメーカーと、ペーパードリップで淹れるグリーンコーヒーでは、どちらがクロロゲン酸(ポリフェノール)が多く抽出されるのでしょうか。

研究の結果、ペーパードリップの方がコーヒーメーカーよりもクロロゲン酸抽出量が多く、優れていることがわかりました。

コーヒー粉にお湯をそそぐと、粉はお湯を含んで膨張し、充分に膨らんだ状態ではじめて本来の良い成分を引き出してくれます。しかし、コーヒーメーカーの場合は豆の状態に関係なくひっきりなしにお湯がそそがれるので適切な調整ができません。

また、同じコーヒーメーカーでも「シャワー式」のコーヒーメーカーの方が良い結果がでました。理由は、抽出時間が長く、粉にお湯がまんべんなくいきわたるため、粉が膨張しクロロゲン酸がよく抽出されたためです。

理想は、ペーパードリップを使い、ゆっくりと粉全体にお湯がいきわたるように淹れることです。コーヒー粉の中心に、小さな「の」の字を描くように、お湯を3回に分けて優しくそそいでくださいね。

グリーンコーヒー「ティーバッグ」の使用

ティーバッグ

「ペーパードリップで淹れるのは面倒!」
「忙しい朝に手軽に飲みたい」
「ペーパードリップを持っていないし、旅先でも飲みたい」

そのような方には、グリーンコーヒー「ティーバッグ」がおすすめです。

お湯をそそいだら、できればお皿など何でも良いのでフタをして蒸し、3−4分待ってください。そうすることで良い成分が引き出せます。

まとめ

グリーンコーヒーには、通常のコーヒーよりも多くのクロロゲン酸(ポリフェノール)が含まれています。その効果を最大に引き出すために大切なことは、

  • 水の温度は90〜95℃以下で淹れる。
  • 水は硬水ではなく軟水を使う。
  • コーヒーメーカーよりもペーパードリップでじっくりとお湯を粉全体にいきわたらせる。コーヒーメーカーを使用の際は、抽出時間が長いシャワー式のものを使用する。
  • お手軽に飲むならグリーンコーヒー「ティーバッグ」。

です。

次回は、『グリーンコーヒーの効果を最大にする飲むタイミング』をお伝えします。

The following two tabs change content below.
「グリコヒネット」編集部です。グリーンコーヒーをはじめ、美容・健康・ダイエットに役立つ情報を配信しています。『グリーンコーヒー by グリーンネット』が運営。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*