グリーンコーヒー・口コミ

お友達にグリーンコーヒーを飲んでもらいました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
グリーンコーヒー

こんにちは、野田です。

先週の土曜日に名古屋からお友達が家に来てくれました。

Tさんは、コーヒーが大好きです。

毎朝カフェでモーニング、そのお供はコーヒーです。

最近、私が「グリーンコーヒー」について話題にするので
かなり気になっていたようです。

お気に入りのガラスポットで早速淹れて、飲んで頂きました。

コーヒーだけどコーヒーじゃない!

「コーヒーだけど、全然香りはしないのね。」

Tさんの初めての感想はこれでした。

そう、コーヒーの香りって豆を焙煎して初めて出るんですね。

グリーンコーヒーは生豆ですから、焙煎した香りはありません。

どちらかというと、植物特有の青臭い香りで
お茶のような水色で、ハーブティみたいな感じです。

コーヒー独特の味と香りはないグリーンコーヒー

あなたが知っている香りや味はグリーンコーヒーにはありません。

既存のコーヒーの味と香りは豆を焙煎することによって作り出されます。

でも、実は焙煎することによってコーヒーの健康成分である「クロロゲン酸」は激減してしまいます。

クロロゲン酸は熱にとても弱いので、焙煎してしまうと効果が薄くなってしまうんです。

頭がスッキリするグリーンコーヒー

Tさんと私はパソコンの作業を一緒にやる約束で家に来たのですが
60代後半のTさんにとって、パソコンの作業はまだまだわからない事が多く、とても頭を使います。

頭を使う時に、グリーンコーヒーはとても役に立ちます。

集中力がアップして、頭もスッキリします。

そして、眠気覚ましにもなるのです。

慣れない作業もサクサク進みます。

勉強や、仕事の時にも、グリーンコーヒーはとっても向いています。

「少し苦いけど、お茶みたいな感覚で飲むとスッキリしますね。」

とTさんは話していました。

グリーンコーヒーの効果はこれだけではありません。

  • 血糖値の上昇を緩やかにする。
  • むくみをスッキリさせる。
  • 脂肪燃焼効果がある。
  • 身体の余分な水分を排出させる。
    ・・・etc

他にも、健康な生活を維持するのに嬉しい効果がイッパイ!

ちなみに、私はディーバッグタイプのグリーンコーヒーを使っています。

ティーバッグなら、持ち運びが簡単でお湯さえあれば出先でも気軽に飲めます。

まとめ

いかがでしたか。

コーヒー好きのあなたには、グリーンコーヒーは少し違和感があるかもしれません。

でも、全く別のコーヒーの飲み方として生活に取り入れてみませんか。

コーヒー豆が持っている力を、ダイレクトに取り入れる事ができますよ。

The following two tabs change content below.

野田長世

看護師・アロマテラピーアドバイザー・メディカルハーブコーディネーター。フリーライターとして、健康・美容ジャンル等のメディアに記事を執筆中。自然の力を生活に取り入れることで、病気を予防する様々な情報発信をしている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。