グリーンコーヒー・口コミ

私が選んだダイエットの相棒!むくみ防止に絶大な効果を得られるグリーンコーヒー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
グリーンコーヒー

私は思春期の頃から、いつも下半身太りで悩まされていました。

これって母の代からの遺伝だから一生治らないのでは?と諦めかけていた時に出会ったのが、このグリーンコーヒーです。

私は1971年生まれで現在45歳ですが、今は何とか168cm、46~47キロの間をキープしています。

普段は美容ライターとしてヘアケア、オーラルケア、ダイエット、美肌、美白、アンチエイジング、女子力アップと様々な記事を書いている私は、今までにそれはそれはありとあらゆるダイエット法を試したり、ダイエット商品を購入してきました。

そんな美容オタクの私に久しぶりに感動を与えてくれたのが、このグリーンコーヒーなのです。

グリーンコーヒーとの出会いによって、日々のダイエットスケジュールの負担が軽くなったり、飲み会、お食事会の後でも体重の増加に悩まされる事なく、ベストコンディションをキープしていくのがすごく楽になったのです。

アラフォーになると顔だけのアンチエイジングだけでなく、首、ボディといった風に全身ケアしていかないと、すぐに老けて見えたり、ピンクやクリームベージュ系といった明るいパステルカラーの服が似合わなくなってしまいます。

そうなる前にグリーンコーヒーで脂肪を撃退していきながら、ポリフェノール効果で全身の抗酸化パワーをアップさせる必要があります。

グリーンコーヒー

それまでの私のダイエットスケジュールといえば、

  • ダンスエクササイズ(ZUMBAやバレトン、サルサ、ベリーダンス、ヒップホップなどのエクササイズを1日に30~40分)
  • こんにゃくラーメンやこんにゃく焼きそば、こんにゃくゼリーをご飯替わりに摂取
  • アルコールや揚げ物、甘い物を控えた食生活
  • 温泉やサウナでデトックス

といった風に、毎日食事制限やむくみ防止のためにかなり気を使って生活していました。

そのせいで食べたい物も満足に食べられずに、お酒を飲んでリフレッシュする事も出来ずに毎日窮屈な生活を送っていたのです。

そんな時に出会えたのが、このグリーンコーヒーです。

以前他の種類のダイエット系コーヒーを試した事もあったのですが、実際に飲み比べてみると、グリーンコーヒーの方が断然ヘルシーで飲み易いという事を発見しました。

CIMG2385

グリーンコーヒーの味はどちらかというと、コーヒーというよりは緑茶入りのブレンドティーのような絶妙な味わいで、日本人になじみやすい味だと感じました。

それはおそらく焙煎していないからなのですが、焙煎しない事によって、通常のコーヒーの何倍ものコーヒークロロゲン酸を摂取する事が出来るのです。

クロロゲン酸の働きとしては、

  • ミトコンドリアの働きを活性化させる

ミトコンドリアとは、食べたり飲んだりした物を酸素と共にエネルギーへと分解していくためのTCA回路(クエン酸回路)の事で、美容と健康、ダイエットのためには、とても大切な物です。

  • 脂肪の蓄積を制御

食べたり飲んだりした物が代謝されずに脂肪へと蓄積されていくのを防いでくれます。

  • 蓄積されている脂肪を分解してエネルギーへと変換

数か月とグリーンコーヒーを長く摂取し続ける事によって、今まで蓄積されてきた体脂肪にも分解しながらエネルギーへと変換していく作用があります。

  • 高い利尿効果でむくみ防止
  • カフェインが少ないから安心して飲める

グリーンコーヒーは通常のコーヒーに比べるとカフェインの量は10%以下と控えめなので、夕方でも摂取できる点が魅力的です。

  • 高い抗酸化作用によって、アンチエイジング効果が期待できる

抗酸化作用の高い物を摂取し続ける事によって、皮膚の深層部に蓄積されているメラニンの排出を促したり、細胞の老化を防ぐ事が出来ます。

  • 動脈硬化予防

カテキン成分が、心疾患や脳梗塞のリスクを軽減されてくれます

  • 血糖値の急上昇をセーブする作用

クロロゲン酸が血糖値が急激に上がるのを防いでくれるので、ドカ食いや食べた物の脂肪の蓄積を防いでくれます。

今のベスト体重をキープし続けたいといった願いだけでなく、今まで蓄積してきた体脂肪にも働きかけてくれるといった点が非常に魅力的だと思ったので、これから継続的に摂取し続けていくように決心しました。

グリーンコーヒーと相性が良いと感じた点は、私は非常に敏感な体質なので、あまりカフェインが強い物を摂取するのは普段から控えていたのですが、グリーンコーヒーだとカフェインが少ない点が続けやすいと感じました。

他にも遺伝性の原因として下半身太りに陥りやすいといった体質をもっていたので、グリーンコーヒーのクロロゲン酸の脂肪燃焼効果が大変魅力的だと思いました。

人間の生命活動の維持を担うためのミトコンドリア活動は、基礎代謝力に大きく関係しています。

この基礎代謝力は個人差があります。

UCP-1という脱共役タンパク質-1が大きく関係しているのですが、このUCP-1の数がおそらく私の場合は遺伝的にも少ないのではないかと思います。

私だけでなく、日本人の多くは実はこのUCP-1の量がもともと少ないようです。

そう考えるとミトコンドリアの働きを活性化させてくれるクロロゲン酸をコンスタンスに摂取していくという事は、美容と健康維持のためには重要なポイントだという事です。

特に私の場合には肝臓の機能が弱いのか、アルコールはもちろんの事、ノンカロリーやノンアルコールの物を飲んでもすぐに体重が0.5~1キロポンッと上がるといったやっかいな体質なのです。

他にも牛乳やジュース類を飲むと非常に太りやすいといった体質だったので、毎日のカロリー摂取量も800~1500キロカロリー未満といった過酷なダイエットを長期間続けていました。

でもこのカロリー制限メインのダイエット法だと、今度は体力が次第に落ちてきて疲れやすくなり、運動量が減る事によって筋肉量が比例して減っていくといった悪循環に陥ってしまうのです。

グリーンコーヒー 口コミ

この状態だと体重は少なくて見た目は細くても、近い将来サルコペニアの症状が勃発するリスクが高まります。

サルコペニアとは、筋肉が減少して次第に骨がもろくなり、脂肪ばかりが蓄積されていく症状の事で、症状が進行するにつれてガンや甲状腺異常、神経痛に悩まされる、歩行困難といった様々な症状に悩まされるようになって、最後には寝たきり状態に陥るといった非常に危険な病気なのです。

これを防ぐためには、毎日ちゃんと必要な栄養素を摂取しながら体脂肪だけ燃焼させていく事がポイントです。

この体脂肪燃焼プロジェクトには、グリーンコーヒーは欠かせない要素だと思いました。

CIMG2384

1箱にティーバッグが60袋入っているので、1日に2回飲んだとしてだいたい1カ月ぐらい持ちそうです。

煮出した後の色味もすごく薄いので、通常のコーヒーよりは歯に色素沈着するのも影響力が少なそうで良かったです。

実際に飲んでいた感じた事は、むくみ防止効果が高いという事です。

グリーンコーヒーを飲んだ量と同じ量の尿が数時間後に排出されるので、飲んだらアッという間に体内を一周してきて、老廃物を集めて排出してくれたんだなといった事を実感する事が出来ました。

特に私は甘い物が大好物なのですが、甘い物を摂取する事によって、体内でAGEsという蛋白糖化反応最終生成物が増加して細胞の糖化が心配されます。

その糖化の症状を防ぐのにも、このグリーンコーヒーのクロロゲン酸は大活躍してくれるのです。

おかげで毎日甘い物を我慢する事なく、グリーンコーヒーと一緒においしくおやつタイムに摂取しています。

このようにノンストレスでダイエット出来る点も、グリーンコーヒーの魅力の一つなのです。

これからもずっとグリーンコーヒーを飲み続けていきながら、基礎代謝量や体脂肪率がどのように変化していくのかその経過を観察していきたいと思います。

The following two tabs change content below.

平野明子(猫瑠璃)

●JOHOダイエットアドバイザー ●美容薬学検定1級 ●整理収納アドバイザー2級 ●ルームスタイリスト2級 ●第11回部屋miteインテリアコンテスト優秀賞受賞 ●脱毛・ダイエットサロン情報サイト「パウダールーム」でコラムを執筆しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。