グリーンコーヒー

最新のダイエットアイテム「グリーンコーヒー」クロロゲン酸の効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
グリーンコーヒー

グリーンコーヒーには、私たちの体に対してたくさんのヘルシーな働きかけがありますが、なかでも注目されているのが、その「ダイエット効果」です。

美しいボディラインを維持するためには、努力を惜しまない世界各国のセレブたちが今、こぞって実践しているダイエットがグリーンコーヒーを使ったメソッド。

グリーンコーヒーはダイエットにどのように役立つのか、詳しくお話しします。

とっても簡単!飲むだけでOK!

グリーンコーヒーダイエットとは、文字通りグリーンコーヒーを飲むだけ、という簡単なメソッド。別名「生豆コーヒーダイエット」とも呼ばれています。コーヒー豆を焙煎する前の生の豆から成分を抽出したのが「グリーンコーヒー」です。

沸騰したお湯(軟水がおすすめ)を少しさましたものを、通常のコーヒーと同じようにドリップして飲むことで、より多くのクロロゲン酸(ダイエット効果のポイントとなる成分。このあと詳しく解説します)を摂取できます。

グリーンコーヒーダイエット誕生の秘密

e233fe3c3e536416799be83af4055c7e_m

コーヒーの生豆にダイエット効果があると判明したのは、2011年です。

糖尿病の研究をしていた医師らが患者にグリーンコーヒーを毎日摂取させる試験を行ったところ、血糖値・BMI・体重・体脂肪率すべての低下が認められました。それ以前からコーヒー豆に含まれているポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」が、体によい影響を及ぼすのではないかという予想のもと、さまざまな実験・研究がおこなわれていましたが、ダイエットに効果があるという結果が出たのはこれが初めてのことでした。

この研究の発表後、世界各国の健康関連のメーカーがグリーンコーヒーを使ったダイエットサプリ(ダイエット・ピル)を発売し、大ブームとなりました。

どうして痩せるの?グリーンコーヒーダイエットのメカニズム

コーヒーの成分として誰もが知る「カフェイン」には、脂肪燃焼効果があり、セルライト解消のスキンケアコスメなどにも配合されています。コーヒー成分のひとつ「カテキン」にも、脂肪やコレステロールの吸収をセーブする作用があります。もちろんこれらも嬉しい効果ですが、グリーンコーヒーには、もうひとつ素晴らしい成分が含まれていました。それが前述した「クロロゲン酸」です。

クロロゲン酸は、コーヒーの香りや苦みを形成する成分のひとつ。抗酸化作用が高いことで知られるポリフェノールの一種で、がんや老化などの原因といわれる活性酸素を抑制するほか、血糖値を抑制し、痩身効果があると言われています。

ある研究機関が行った実験では、肥満に悩む男女16人に対し、1日700~1050mgのクロロゲン酸サプリメントを摂取させたところ、日常の生活スケジュールや食生活はまったく変えていないのに、3カ月で平均8kg減量、体脂肪率は平均4.4%減、全体重の約10%ほどの減量に成功したという結果が出ています。これ以外の医療チームが行った実験でも、たくさんの好結果が出ています。

ずっと続けたいから、サプリより「飲み物」で

greencoffee_with_lemon_600

欧米ではグリーンコーヒーからクロロゲン酸成分だけを抽出したサプリやダイエットピルが数多く販売されています。でもグリーンコーヒーダイエットを、長くヘルシーに続けていきたいと考えるなら、何も加えていない100%ナチュラルなコーヒーの生豆(グリーンコーヒー)を、毎日飲む「飲み物」として愛飲し続けるスタイルのほうが、日常の一部として定着しやすいはず。

通常のコーヒーのように入れる豆や挽き豆タイプのほか、思い立ったらすぐに手軽に飲める「ティーバッグ」タイプもあるので、こちらを利用すれば「……。今日は忙しいし、面倒だからパス!」なんてこともなくなりますね。

普通のコーヒーとは味も色味も違うグリーンコーヒー。色は緑茶のような緑色で、ほんのりした苦みが特徴です。カフェインの量は、通常のコーヒーより少なめなので、普通のコーヒーは苦手、という人でも大丈夫。ハーブティ感覚で楽しんだり、はちみつやレモン、シナモンなどを加えるのもおすすめです。

ダイエット目的で飲むなら、食事の30分前と運動前!

グリーンコーヒーにはダイエットのほか、美肌や健康増進の嬉しい効果がたくさんありますが、ダイエットを第一の目的としてグリーンコーヒーを飲むなら、ベストのタイミングを狙いましょう。それは、食事の30分前と運動をする前です。

食事の30分前

食事前

グリーンコーヒーは、血糖値の上昇を抑えたり脂肪やコレステロールの吸収をセーブする働きがあります。

食事の30分ほど前に一杯グリーンコーヒーを飲んでおくと、食事をしても血糖値を緩やかにあげることができるので、太りにくくなります。これは少し前に流行した「インシュリンダイエット」と同じ理論ですね。

食べたものの消化と、余分な栄養を吸収しすぎない働きもあるので、以前と同じ量を食べていても摂取カロリーを抑えることもできます。

運動前

運動前のコーヒー

単に体重を減らすのでなく、スリムで美しいボディラインを手に入れるには、食事に気を付けたりグリーンコーヒーを飲む以外に、体を動かすエクササイズがとても重要です。グリーンコーヒーには、その運動効果をさらにアップさせる力もあります。

クロロゲン酸は、脂肪をエネルギーに変えるリパーゼ酵素分泌を促進させる効果があるのです。運動してエネルギーを燃焼させる際、体内に蓄えた脂肪を積極的に燃やしてくれる働きのあるクロロゲン酸。水泳やジョギングなどの有酸素運動の前の水分補給にグリーンコーヒーを飲むことで、運動効果がぐっとアップするというわけです。

まとめ

日常飲む飲料で、すっきりキレイにダイエットできるなんて、女性にとってこんなに嬉しいことはありません。グリーンコーヒーのサポート力があれば、いつも途中で挫折していたダイエットも、きっと結果が出るはず。

あなたも今日からグリーンコーヒーダイエットを始めてみませんか?

The following two tabs change content below.
「グリコヒネット」編集部です。グリーンコーヒーをはじめ、美容・健康・ダイエットに役立つ情報を配信しています。『グリーンコーヒー by グリーンネット』が運営。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*