グリーンコーヒー

あなたも糖尿病かもしれない!グリーンコーヒーで糖尿病予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
糖尿病

糖尿病、と聞くと、何となく中年男性がかかる病気…自分には縁がない…というイメージを持ちがちですね。

ところが、現代の食生活の影響などで、10代~20代の若い世代に糖尿病が急増中!
2030年までに患者数は倍増し、世界で3億5000万人もの人が、糖尿病患者になると言われています。

日本人では、男性の6人に1人、女性の11人に1人が糖尿病にかかっている疑いがあるという結果が、厚生労働省より発表されました。
何と男性の6人に1人!糖尿病はそれだけ身近で、しかも怖い病気なのです。

糖尿病の症状は?

自分ではなかなか気づきにくい糖尿病。その初期症状を説明します。

1.のどの乾きと頻尿

激しいのどの乾きを感じるようになります。
同時に、尿が近い、尿が多い、尿が泡立つ、などの症状があります。

2.食事をしても空腹感がある

食事をとったのに、まだ空腹感がある…。
糖尿病になると、ブドウ糖が吸収されにくくなります。また尿として排出されるため、カロリー不足になってしまいます。
糖尿病というと太った人を連想しがちですが、栄養不足でガリガリに痩せている人も意外にいるのです。

3.だるさや眠気を感じる

食事をとった数時間後に、だるさや眠気を感じます。
高血糖や低血糖であらわれる症状です。

糖尿病はこれだけ危険!

糖尿病にかかってしまうと、いろいろな合併症が起きる可能性が高くなります。
糖尿病が怖い病気と言われるのは、自覚症状がないままに重篤な合併症が併発するからです。
おもな合併症を説明します。

1.神経障害

まずあらわれるのが、手や足のしびれで、じょじょに感覚が鈍くなっていきます。
指先や足を怪我してもわからない…といったこともあり、とても危険です。

2.糖尿病網膜症

糖尿病リスクとしてもっとも有名な症状です。
悪化すると失明する危険があります。

3.糖尿病腎症

糖尿病が進行すると、尿を作れなくなります。
人工透析を受けることになります。週2~3時間、数時間かかる透析を受けなければいけません。

糖尿病を防ぐ!グリーンコーヒーの効能

グリーンコーヒー

こんなに危険な糖尿病。絶対に予防したいですよね。
かかってしまった人は悪化を防ぎたいですね。

グリーンコーヒーは、血糖値を下げる働きがあります。
グリーンコーヒーに含まれるカフェインが、血糖値を下げるミトコンドリアを活性化させるためです。

ただし飲み方にコツがあります。

食後に砂糖とミルクたっぷりのコーヒーを飲むのはNG。血糖値を上げてしまいます。

1.飲むのは空腹時(血糖値が低い時)!

2.砂糖やミルクは入れずに!

グリーンネットのグリーンコーヒーは、食事中の血糖値の上昇を抑えるポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」を、深煎りコーヒーの10倍以上も含んでいます。これが、他社のグリーンコーヒーとの大きな違いです!!

グリーンコーヒーは、コーヒーというより、黒豆茶のような味がします。さっぱりとしいていますので、和食にも洋食にも合います。

グリーンコーヒーを食前に飲み、食事中にも飲む、という方法で、怖い糖尿病を予防しましょう。
もちろん、すでに糖尿病にかかってしまった…という方にも有効です。

”100%ナチュラル”にこだわるグリーンネットのグリーンコーヒーを飲むことを習慣づけ、糖尿病の予防と、進行を予防しましょう!

The following two tabs change content below.
「グリコヒネット」編集部です。グリーンコーヒーをはじめ、美容・健康・ダイエットに役立つ情報を配信しています。『グリーンコーヒー by グリーンネット』が運営。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*